こみみトーク

2005/12/09

プリちゃんの秘密

・・・カテゴリーがナゾですが。
こみみトーク=小耳に挟んだ大きな声では言えない話。

今日、○タヤの先輩で今年某大手自動車メーカーに入社したTさんと呑んでいて、こんな話題になりました。
「低燃費のハイブリッドカーはおトクか、否か?」
・・・うわーかたーい(笑)。社会面ですか!
環境系の学部に所属する私としては、なかなか興味深いお話でしたので紹介いたしやす。

国産ハイブリッドカーといえば、○ヨタの○リウスが有名です。
この○リウス、低燃費・低排出ガスなどの環境性能で世界ナンバー1を誇っています。
低燃費ときくと、「・・・おっ、じゃあガソリン代が減るってこと?」と思いますよね?
そして「長く乗るんだったら、初期費用高くてもランニングコスト安くなる方がいいかも~」って。
実際、ハイブリッドカーは10km/lくらい、同スペックの他車種よりも燃費が上がるそうです。
・・・しかし。
車体価格が同スペックの他車種より100万円ほど高い。
とすると、果たしてモトが取れるのか―――答えは、「NO」だそうです。

100万円の車体差額、ガソリン代でモトを取ろうとすると、なんと60万キロ走行する必要があるとか。
一生のうちに60万キロ乗るのは、至難の業です。
むしろ、国産車とはいえ車体がもちませんよ!
ハイブリッドカーを購入すると、購入時に車体価格の一部を国が負担してくれるのですが、それも○リウスで21万円。優遇税制などを併せても、せいぜい30~40万といったところでしょうか。
車体差額70万円残ったら、単純計算で42万キロですよ。到底不可能でしょうねぇ~
補助金受けるのにいろんな条件があって、それもクリアしないとダメだしね~

っちゅーわけで、おトクじゃないんだってさ。
いやー、おもしろいハナシだ。
しかしながら環境にやさしいことには変わりないので、自腹きっても環境負荷低減に貢献されたい方は、これにめげずに是非ご検討下さいませ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)