おもしろ人間

2007/11/06

とある女子

本屋で遭遇した全然知らない人。

私が前出の『吉井×草野』の対談記事を黙々と読んでいるところへ、
いかにも普通な感じの服装の女子がツカツカと近づいてきまして。

私が読んでいる雑誌の横に平積みされた、
よくある感じの男性アイドル系雑誌を手に取ったんです。
一応音楽雑誌コーナーなんですけどね、そんなんも置いてあったの。

この女子、手に取った時点でかなり狙い撃ちで買う勢いだったから、
すぐにいなくなるだろうと思ったのに、なんだかなかなか立ち去らないから気になって。

チラっと見たら平積みされた本、ものすごい掘ってる・・・。
んでさらによく見てみたら、表紙なのか背表紙なのかわからんが、
一冊一冊の表面の状態をすっごい細かくチェックしてるんですよ。

・・・こだわってんなー!いわゆる「保存用」?

7冊くらい振り下げたところでようやく納得したのか、レジに持って行かれました。
これって普通?どうなんですか、アイドル好きの女子のみなさん。

若干の鳥肌を感じつつも、ちょっと微笑ましい光景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

れんじゃ男

先日バイト中に、SさんとMっすーが見かけた不思議な人。

その人の格好は、まさに木曜夜10時、CXで見るような人たちのごとく。
リュックを背負い、Tシャツの裾はズボンの中に
「・・・(貯め)・・・インッッッヌ!!!」(笑)
入店時から、既に異様なオーラを放っていた、という。

彼はのそのそと2階フロアに上がってくると、まずはサウンドレンタル・シングルのコーナーへ。
片手には携帯電話。何やら誰かと話をしている模様。
そのまま電話を続けながら、レジ前の「今週入荷シングル」コーナーへ移動。
――接客しながら目で追うSさんとMっすー。
・・・と、Mっすーがあることに気付く。
「・・・Sさん、あの人の電話、どこにもつながってないっすよ!」
「ええっ?!」
まさか・・・と思い、再び視線は彼へ。電話の向こうの相手の話に、楽しそうに笑っている彼。
「だって、通話中に光るトコが光ってないっすもん」
よく見ると、彼の携帯はSさんがかつて使っていたものと同じ機種。
「ほんとだ・・・」
――息を呑む二人。
「・・・じゃああの人・・・誰と話してんの・・・???」

その後、彼は電話をしながら店内を何度も徘徊し、ようやく去っていった。
結局2人の間で導き出された答えは、「宇宙との交信」。
・・・なるほど。。
もしかしたら彼は未来から来たスペースレンジャーで、あの格好はそれを隠すための変装なのかもしれない。
地球の未来は、彼が握っているのかもしれない。

スペースレンジャー男。


れんじゃ男。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2002/11/05

マッハ桜井?

今日卓球の時間に、マッハ桜井というマッチョな人物が来た。
結局のところ、なんの格闘技の選手なのかは微妙。笑
本人のドキュメンタリー番組を見たけど、26型くらいのテレビが5・6メーター後ろからちゃんと見えるかっての。しかも音も全然聞こえないし。あーあ。

しまいには、この寒いのにタンクトップ1枚のやけに黒いおっさんがヘタなギターと歌を披露する始末。
ノリにのって「エブリバディ!」とか「さぁみんな一緒に!」とかワケわからんこと言い出すし。
もう笑いすぎて苦しかったです。
ところであのマンドリンの人は誰だったんだろう??
・・・とにかくフシギな空間でした。

でもジャブの正しいフォームは習得したね。
これでからまれても安心。イヤイヤ。


なにか一芸を持つことって、大事だなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)