« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/28

福岡無計画0泊2日 後編

さてさて、宿無しの私たちは、とりあえず呑み屋を求めて街へと繰り出しました。
しかしながら、既に時刻は深夜12時をまわっており、名物の屋台も皆さん閉店準備な感じで。まあ明日もあるし・・・ということで屋台をあきらめ、目に止まった居酒屋「点々」さんに入りました。
「個室ダイニング」を謳う店内は、川が流れる薄暗いホールに焼窯のような客席が点々としており、なぜか一定間隔で雷鳴が轟く謎の演出も有りという異色な空間。
不思議な感じでしたが接客・料理は◎。とても親切にしていただきました。
・・・まぁもう行くこともないでしょうが。。

3時半頃にこちらでもお馴染みカラオケ館に移動し、朝6時閉店時刻まで居座る。
トイレで顔を洗い二人してすっぴんに。これでこわいものナシ。・・・てオーイ!
そしてそのやけにすっきりさわやかな顔で精算を済ませ、眠る場所を求めてしばし彷徨う。
いやー年ですな。やっぱり寝ないと動けませんな~。
ようやく見つけたマンガ喫茶にて、リクライニングの個室を2つ借り、それぞれ仮眠を取ることに。私、実は初・マン喫でしたが、いや~まさに至れり尽くせりでしたね!感動!毛布もあるしトイレにはハブラシもあるし、使わなかったけどシャワールームに日焼けマシンまであるとか。
・・・日焼けマシンて!わざわざマン喫で?!笑
まぁ若干の疑問はございますが、こちらには昼前まで居座り、ようやく重い腰を上げ観光をすることに。

足を痛めたなほちゃんのためにスニーカーをABCマートでゲットし、天神地下街のカフェでランチプレートを食べてから、西鉄で太宰府へ!
・・・つーか太宰府くらいしか浮かばないって。あと半日もないのにさ。
しかし特に焦りもせず、鈍行電車でえっちらおっちら、駅名に余計なツッコミを入れつつ太宰府駅に到着。あまり期待はしてなかったんですが、太宰府天満宮への参道はとても雰囲気があってよかったですね。
お参りをしてから、梅ヶ枝餅(?・・・たぶん)なるものを食す。この道うん十年のおばあちゃんが、焼けた餅をポンポン放り投げる様子を見て大人気なくも歓声を上げたりしながらね。
太宰府天満宮、梅の名所らしいですが、スッカリ散ってました。桜なら満開だったのに。ち。
その後、春の童謡を口ずさみながら、川原をてくてくてくてく30分ほど歩いて観世音寺に行きましたが、人っ子一人いなくてしょんぼり。
再び太宰府の駅前に戻り、九州ラーメンオリンピックだかなんだかの大会で1位のラーメン屋に入りました。これだけ聞くとすごいうさんくさいけど、おいしかったよ。こってり。
ここでは一口餃子に髪の毛らしきものが混入するというハプニングがありましたが、そこはもうオトナなので穏便に済ませる。・・・まぁウーロン茶サービスしてもらいましたけどね。ホホホ。

そしてまた天神駅に戻り、屋台が始まる時間までオサレなカフェでくつろぐ。
さーそろそろだと観光案内所のおねーさんに聞いていた、入りやすい屋台の出る場所へ行ってみる。おお、確かに。女の人がやってるとこがある~
なんかテキ屋みたいにヤクザ屋さんがやってるイメージがあったので、すごく安心しました。
まだ仕込みの最中っぽかったんですが、気持ちよく入れてくれました。しばらくすると、ニット帽のおっちゃんが登場。どうやら、この人がこの屋台のご主人のようで。さっきの女性は、奥さんかな?いやはや、おきれいな奥様で。
このご主人がなかなか気さくな人で、おでんとか串焼きを食べながら、屋台のこととか息子さんのこととかいろいろ聞かせてもらいました。
あーあの雰囲気すごく好き。夜はまだちょっと寒いので、あの隙間風とおでんの湯気がちょうどいいんだよね。お酒呑んでると。うーん。気分はサラリーまん。
最終の飛行機まで時間がなかったので、1時間くらいしか居られませんでしたが、最後に福岡っぽいいい思い出ができましたね!

お酒をひっかけてから飛行機に乗るのは初めてでしたが、夢と現実の狭間でものすごく気持ちいい状態で過ごせました。ほんとにずっとうつらうつらしてた。うは~
自宅に着いたのはこれまた深夜12時頃。ハクの散歩をちょっとだけしてから、すぐに眠りにつきました。

本当に2日間あっという間で、帰ってきてからも行ったことが夢のようでしたね。
ほんとに行ったのかな~?夢だったらウケるけどな~。。
ああいう無計画な旅も、体力のある若い内しかできませんからね。貴重な経験でした。

翌日から2日間風邪で寝込みましたが、そんなこたぁどうでもいいんですよ!
帰ってきてから具合悪くなるあたり、やっぱりあたいついてるなぁ~~~(プラス思考)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/27

福岡無計画0泊2日 前編

14時過ぎの飛行機で一路福岡へ!
なんかねー飛行機の中っていっつも退屈するので、今回今ハマってるイラストロジックの本を買っていったんですよね。客観的にみるとものすごーーーーく暗い子なんですけど、飛行機の中ずっとやってました。
いや~楽しいんですよ、これ。みんなバカにするけどさ。なんたってあの天海祐希様がおハマりになるくらいなんですからね!!みていらっしゃい!(?)

福岡空港に到着後、先に着いているなほと合流するためとりあえず地下鉄で天神駅へ。
天神の地下街、すごくきれいでした。レンガと石造りで、照明もオレンジ系でオッサレ~な雰囲気!横浜のダイアモンド地下街とかポルタとか、もう恥ずかしくなりますよ。トホホ。
オリエンタルデリっちゅーエスニックファーストフード店で遅めの昼食。この後の計画を練る。
とりあえずすぐに別行動なのでね。ヒヒヒ。
そして休憩も束の間、一足先に18時開演の大喜利猿を観るため、なほちゃんが旅立つ。私はしばらく福岡の地図などを見ながら、思いっきりアウェー気分に浸っていました。
とそこへ、携帯に見知らぬ番号から着信が。出てみると、この前受けたバイトの選考結果の連絡でした。
受かっちゃった。えへへ。次面接だそうです。福岡幸先いいっすね!

そして地下街を出て、私も会場のDRUM Be-1というライブハウスに向かう。
思えば、自分より年下のバンドのライブに行くの初めてかも・・・アウェー感アップ!
会場前には既に、開場を待つ若者達の長蛇の列が。そして予想通り、みなさんお若くていらっしゃる・・・
前のほうに行く気なんかさらさらないので、列が途切れたところでようやく潜入。
イキナリ酒を煽る。この孤独感を少しでも紛らわすためにね・・・フフフ・・・
そしてRADWIMPS、若かった・・・勢いがありますね。うん。歌も演奏もけっこううまくて、観に行った甲斐がありました。イマイチノリきれなかったのは、アウェーのせいですよ、きっと。うんうん。・・・と己に言い聞かせる。

時間がギリだったので、アンコールは無視して会場を飛び出す。
さっき通った時は明るかったのに、とっぷり日も暮れて、辺りにはすっかり出来上がった酔っ払いとあやしい客引きのお兄さんがわらわら。
東京の歓楽街を歩く時とは違う緊張感が私を支配する。なんだろうね・・・あの不安感は。とりあえず目合わさないように小走りで通過。走れ小心者。
大喜利猿会場の西鉄ホールでなほちゃんと再度合流した時は、なんだかホッとしました・・・

トイレを済ませて会場に入る。後ろから3列目くらいの席でしたが、特に問題もなく。
提示されたお題に対して、フリップ(というか画用紙?)に回答を書くという形式の大喜利。ちゃんとリアルタイムで考えてるんですね!いや~あんなシンプルな演目だけで1時間半もできるのって、すごいわ・・・
しかも升野さん(バカリズム)、あの人すっごいおもしろい・・・!テンポとかが独特で、1本1本が勝負してて、しかも髪のキューティクルが整ってる・・・!!!
小林さんは流石ですけど、やっぱりちょっと気持ち悪かったです。あの人の素はあんまり見たくないかもね。笑
個人的には、相田みつをさんのお題がスキでした。

あと周りのお客さん見てて思ったんですが、福岡デブ率高くないか・・・?
あのライブが特殊なのかもしれないですが、4人に1人は「肥満」に分類される人たちのような気が・・・
1人ね、すっごい人いました。女の子で、水色のサテンのブラウスみたいなの着てて、たぶんウエストが200センチいくんじゃないか・・・?!みたいな人!あれは史上最強だわ・・・○タヤのTさん・Yさんがかわいく見えたわ・・・おろろ・・・

・・・ま、いいや。

後半に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/26

福岡無計画0泊2日イントロダクション

こんな無謀な旅ができるのもこれが最後なんでしょうか・・・しょんぼり。。

この無謀且つおバカな旅が計画されたのはいつのことだったでしょうか。ねえなほさん。
この旅の主な目的は・・・
①小林賢太郎×升野英知 大喜利猿
②RADWIMPS ラッドウィンプスと行く無人島ツアー 2500円? ドリンク代は別途頂きます。
③観光とムチャ
もともとは、私の思いつきで「大喜利猿に卒業旅行がてら行っちゃおっか。」とノリだけで話してて、なほはバイトもあるし旅費も高いし現実問題ムリだろう、という話になり一度は消えかけたお話だったのです。チケットもないから手に入れるのも大変だしね。よし、悲しいけどあきらめよう・・・
ところがその翌日、なほちゃんからメールが。
「やっぱりさあ行こうか福岡。往生際が悪いですがやはりあきらめきれない気持ちが心の片隅でぐつぐつしてるのです。どうしましょう」
・・・どんだけ深刻だよ!!とツッコミたくなるところですが、そうじゃないのがこの私です。へへん。実は私この時、チケットをゲットするべく着々と極秘行動を開始していたところだったのです!
やーチケットさえ取ったらこいつは死んでもくるだろう、と思ってね。ちょっとサプライズな演出をね。

まあそんなこんなで行っちゃうことになりましてね~。
そしてそこからがまた大変でした。

準備に追われる中、私が以前ここで紹介した横浜出身バンドRADWIMPSのHPを見ていると。
「3月27日@福岡DRUM Be-1」・・・あ・・・うちらが福岡にいる日じゃん・・・
しかも、東京横浜札幌名古屋とかはチケットSOLD OUTだったのに、福岡は余ってる・・・!
・・・運命を感じました。
結果、ラッドと大喜利猿、はしごすることにしました。我ながら、やりやがる。笑
19時~ラッド、22時~大喜利猿というスケジュールで、会場も近かったのでこれはやるしかない、と。なほちゃんは大方の予想通り、18時~の大喜利猿の1回目も観ることに。
ちなみに、私は航空券をオヤジのマイルもらって行くことにしていたのでANA、なほちゃんは格安のSKYMARKと、飛行機も別、そして到着後合流してすぐ別行動というナゾの卒業旅行。

我ながらすごくおもしろいんですけど・・・すいません。自己満足で。

そして極めつけは宿無し!キャー!
いてきまーしゅ!ドン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/25

二番煎じ侮り難し

あのサイコシチュエーションスリラー「SAW」の第二弾、
その名も「SAW2」を観ました。

「SAW」を初めて観たときの衝撃は今も忘れられないですね!
あんなおもしろいホラーは初めて観た。シックスセンスなんか目じゃないね。
あの大どんでん返しは・・・!
だいたい前作がヒットしたから作っちゃった~みたいな二番煎じは肩透かしになることが多いのですが、結論から言うとこの「SAW2」は、「二番煎じ」という状況をうま~く利用して、精巧に作られてたと思います。つまりは、続編を「前作の続きとしてありえるかも・・・」という設定でうまく作ってると。
それって行き過ぎてもダメだと思うし、かと言って前作のストーリーを全く引きずらず・・・ってのも味気ない。せっかくの続編なのに、それを期待して観た人はそれこそ肩透かしですよね。うむ。
衝撃度について言えば、そりゃあ前作には及びませんけど。観る側も慣れてきてるしね。でも「所詮二番煎じだしなぁ~」と侮っていると痛い目に遭います。

※ここでちょっとネタバレを(読みたくない人はすっとばしてね)。
前作「SAW」の登場人物で「SAW2」にも出てくる人は・・・
殺人ゲームの仕掛け人・ジグソウ
前作の標的の中の唯一の生存者・アマンダ
フリーカメラマン・アダムそして外科医・ゴードン

けっこうビックリする面子ですよね。特に最後の二人は・・・フフフ。

SAWいうわけで(さぶっ)、前作を観た人はあまり期待しないで観た方が楽しめますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

卒業式through?

まぁそんなこんなで帰宅が3時半だったので、9時からの卒業式に出られるはずもなく。
ていうか最初から出る気なかったんですけどね。。

昼過ぎに起きてハクの散歩とかして一日が終わりました。
まるで2年前の成人式のときの自分を見るようです。スルー、トゥー。

卒業オメデトウ、自分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

○タヤ世代間交流

RMC社の説明会の夜、○タヤのファッションリーダー(?)・Yぞーと綱島で呑みました。
「19時頃に綱島で~」というアバウトな待ち合わせだったのですが、家にいてもやることがなかったので早めに家を出て、綱島のマックで一服しながら雑誌を読んでました。
ふと見ると、携帯の電池が切れそう・・・なんかヤな予感・・・
焦って綱島駅の駅前にいつも出ている屋台の今川焼屋の前に立ち、「今川焼の前にいる」とメールしました。その直後に案の定、『・・・ピーッ・・・』と悲しい音をたてて画面が暗転。
・・・あぶなかった・・・。。
まぁとりあえずメールしたし大丈夫だろ・・・と思ったのも束の間、19時を10分過ぎてもYぞーは一向に現れない。そして15分が過ぎ・・・いよいよ焦ってくる私。。
このままYぞーが急に来れなくなったなんてことになったらあたい待ちぼうけやんか・・・
と、そこへ革ジャンに赤パン、白エナメルのCONS.オールスターという奇抜な格好のYぞーがひょっこり登場。開口一番「今川焼ってここですか~」。どうやら私のメールの『今川焼』という単語ににピンとこなかったらしく、確認のメールをしたときにはもう手遅れだったもよう。
「・・・それにしたって遅いだろ!」とツッコむと、急いでいてバスを乗り間違えたらしく。
・・・おのぼりさんかよ!地元だろ!
まぁーこんなグダグダなかんじでスタートした今回の世代間交流でしたが、意外や意外に盛り上がり(私だけ?)、結果的にはそれから3時頃まで続きました。7~8時間ですか。あほだ~

それにしても、野菜は食べないとか熱いのがきらいとか辛いのもきらいとか・・・内心「めんどくせーなコイツ」と思いながら、まずは木曜日のサービスデーということもあって、綱島のメキシカンなダイニングバー『BLUE CORN』へ半ば強引に連れて行く。でも行ってみたら木曜日の500円メニュー、かなり減っちゃってました。しょっく。
Yぞーはミートパイをまず一人でたいらげ、私が頼んだチリビーンズを辛い!と言って食べず、隣のテーブルに運ばれてきたオムライスを見て「あれおいしそう」とか言って自分も頼むという奔放っぷり。
・・・いや、「あんまりお金がない」とか言って遠慮しようとしてたみたいなんですけど、私そういうケチケチすんのがいやなので、「・・・いいからたのみなさいよ」とお母さんみたいな役回りに。ってゆうか、お酒入るとなんか気が大きくなるんですよね。大してお金ないくせに。笑
そこではカクテル中心に4杯くらい呑んで、でも全然酔わないので、Yぞーのお腹を満たしたあたりで2軒目、居酒屋「和民」へ。
ここでも店に入るといきなり、「お茶漬け食べたい」とか言い出す始末。・・・さっきまで食べてたのは一体なんだったんですか・・・。。
そんなYぞーを横目に、私は例によって茄子の浅漬けを頼み、ほとんど手をつけない状態で酒ばっかりあほのように呑んでました。オトナですからね~?すると最後は、「甘いものが食べたい」と。

・・・う~~~~ついてゆけん!!!

本当はシメにお茶漬けもう一杯いけたらしいんですけど、さすがに閉店時間も近いので遠慮してました。つうかいい加減にせいっ!

まぁ結局は盛り上がりつつも終始グダグダな感じでしたが、話とかはやっぱりおもしろかったですよ~。今思えば何はなしたかよく覚えてないけど、オカルト話もしたなぁ。また・・・笑
特になほちゃんのウケウリの都市伝説「1000円札のヒミツ」に対するYぞーの食いつきようはすごかったですよ!鳥肌立ったらしいからね!意外でしたナ。。

とりあえず、「一人で歩いてるときに財布を振り回すのはやめなさい」と説教しときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

R23(リベンジ23日)

今日は某大手広告出版会社R社のグループ会社の、アルバイト説明会。
久々の7時起き。果たして起きられるのか?!
・・・案の定、寝坊しました。
仕方なくハクの散歩をスルーして説明会へ。
だいたいね、会場が微妙なんですよ。カチドキ。
みなさん行ったことありますか?勝どき駅。あれって人工島?

私2番目に会場に着いたのですが、最初に来てた男性がスーツでちょっとびびりました。服装自由髪型自由のバイトなのに・・・しかもその人年齢不詳。
しかしながら、その後続々と集まってきた受験者は、ほとんど私服でしたけど。キャラはかなりまちまちで、フロムエーナビの写真のようなおしゃれなかんじの人は全然いませんでした。ちなみに私の隣はサラッサラのロングヘアーの男の子。ビジュアル系でしょうか。なのにやたら腰低いの。偏見?

説明会のあと、選考テストがありました。バイトなのに。
心の声:『やつらコレをやらなきゃ気がすまないらしいな・・・』
昨年の新卒採用の筆記試験で、R社には痛い目に遭っていますから。へへへ。
今回は警戒心モロ出しで書類を受け取る。でたーーーマークシート!うざっ
「右と左の文字の羅列が、同じものは“正”、違うものは“誤”にマークしなさい」(制限時間5分)・・・要するに知能テストですね。あとは漢字の読み書きの正誤とか、電車の運賃表から聞かれた答を読み取るのとか。
もうさーイライラしながら解いてたよ。キライなんだよこういう作業が!
計算問題は「やっててよかった公文式」時代を思い出して鬼のように解いた。
分数の計算で、「ニトサンブンノニ」とかが出てきたときはちょっと焦ったけどね。そんな数字見たの小学校以来だよ!
普通、ああいうのって時間内に全部終わらないようにできてるじゃないですか?というか、他の人は知りませんけど、私は今まで時間内に全部解けたことってなかったの。
でも「公文式」のおかげで、計算問題ギリッギリで全部解けたの!
いや~爽快!「勝った!」って思ったもんね。間違ってても別にいいです。ふーんだ。
実際もうそれだけで満足ですよ。受かろうが落ちようがさ。

果たして、新卒のリベンジなるか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

OH!JAPAN!

いや~すごかったですな~
WORLD BASEBALL CLASSICS 第1回大会、王JAPANが征しました!
起きたら昼でさ。途中からのTV観戦になっちまいましたが、かなりおもしろい試合でした。
別に普段野球はあんまり観ないんですけど、世界大会ってやっぱり熱くなるもんです(ミーハー)。
たぶん4回表くらいからだったかな、ずーっと観ちゃいましたヨ。
大塚投手が最後の一球を投げたとき、鳥肌が立ちました。
「あっ・・・空振り・・・(ということは!!!!)」
あの一瞬の間、最高でしたね~!
ベンチから飛び出してくる選手の皆さんを見て、ようやく実感。

ボビーなんとかさんの誤審も、全部この時のための前フリだったんだな、きっと。
(最近こんなんばっかだな。荒川さんのときも同じようなこと書いた気がする・・・笑)
仕方ねぇ、そういうことなら帳消しにしてやるよ!ボビー!

関係者の皆さんおつかれさまでした。
明日のとくダネが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

まる・まる・まーる・まる

・・・ヒヒヒ、二重投稿ではありませんよ。
KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 「○maru」
・・・またですか。またですよ。ええ、またですけど。何か?
並びましたよ~当日券!
ラーについては常に「ヤル気まんまん!全力全財産投球」のなほちゃんと、ちょっと早めに・・・のつもりで12時半前に最寄りの新大久保駅に着きました。会場までの道、不安がるなほちゃんに「どーせまだ誰もいないって!」とか言いつつチンタラチンタラ歩いていくと・・・

んな、並んでいる・・・!!!しかも、既に、に、ににに20人以上?!

ハーイ、なめてました。いやーだってねぇ。連休の谷間っていっても平日ですよ。まさかと思うじゃない!超びっくり。さすがKKファンは熱いですね!
誰もいなかったらどっかお茶しに行くか~とか言ってたんですが、これじゃあね・・・
半信半疑のまま最後尾につく。
そこから念願のチケット獲得まで、5時間半
今日暖かかったですけど、劇場の前、でっかいマンションがあるせいか、ただでさえ強い風が吹き降ろし効果?によりさらに威力を増してました。時間が経つにつれ、日なたは減っていくし、気温は下がるし・・・
ほんとすみません、ずーっと文句垂れてました。周囲の方々、大変お聞きぐるしかったことでしょう。みなさん大人しく、オトナらしく待っていらっしゃるのに。しまいには「・・・こやつら精神に異常をきたしたか?!」と思われたでしょうね。細々とものまねとかしてたもんね。たはー
だってねぇ、劇場の方にもそりゃいろいろと都合があるでしょうけど。整理券とか配れよ!5時間前の時点で30人とか並んでるんですよ?とりあえず「当日券」としてもともと確保してある分の整理券くらい配ってくれたっていいじゃない!あとの方はキャンセルが出次第ということになるので~とかさ!
結局、最終的には100人くらいの人が当日券のために、北風の吹きすさぶ広場で待ったんですよ。自分が入れるのか入れないのか全くわからないという不安な状況の中・・・
我ながらよく頑張ったと思うけどさ・・・結局入れたのは50人くらいだったみたいです。当日券受け取ってさっさと逃げたので詳しいことはわかりませんけど・・・
入れなかった人たちほんと可哀想だよ~うう~

まぁそんなこんなで、何とか当日券をゲット!3階席の端っこ。
当日券受け取る時に、「前のめりになってのご鑑賞になりますが・・・」と言われたらしいけどね。いざ座席に行ってみると、本当に普通にすわったら舞台の上半分くらいしか見えないというような状況で。ウケたわー。ちゃんとチケットとったのに、何故か覗き見?!・・・みたいな体勢でさらに2時間弱、冷え切った体を酷使しての鑑賞になりました。
でもね、3階席体勢は辛くても、この席でしか見えないであろう部分も見られて、それはそれで有意義でした。しかも1回見てたから、比較的冷静に見られるしね。

あ~感動した。鳥肌が立った。(1回見てるのに!)
1回目だと気付かないところも気付けたりして、それに演目は一緒でも前回と違うアレンジもあって、あ~~~~よかったぁ~~~~!寒い中頑張った甲斐があったというものです。
同じ舞台を2回見て心底感じたのは、構成の緻密さ・エンタメ性の高さはもとより、「今日、ここにいらしているお客様を最大限もてなしたい!」みたいな小林さんの心遣いが最高の隠し味?!・・・てなところでしょうか。ほんと自分言ってること偉そうで気持ち悪いんですけどね・・・おはずかしや。。

やっぱり宇宙人かな、あの人・・・笑

次はぜひとも福岡でお会いしたいものです!(ニヤリ・・・詳細は追って。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/18

動物映画に感涙

またまた映画の話ですが。よっぽどヒマなんだなとでも思ってくれ。

ちょっと古いんですが「トゥーブラザーズ」を観ました。ジャン=ジャック・アノー監督。
サンガとクマルという2匹のトラの兄弟と、彼らを取りまく人間たちの話。
とにかくかわいいね、この仔トラちゃんたち。脚がおっきくてさ~ぼてぼて歩くんだよ。
動物にしゃべらせないところが、いいわ。近頃の動物映画はしゃべりすぎだよね。
・・・まあそれでもスキだけど。
母親とはぐれたサンガとしばらく一緒に暮らして心を通わせる男の子がいるんですけどね。
どっかで見た顔だな~~~と、思ったんですよね。けっこうお金持ちの家のはずなのに、なんでこの子はこんなに違和感があるんだろうって。どうしてこんなに、人の同情を誘う表情をしてるんだろうって。
特典映像のキャスト紹介をみてみたら、納得。
「チャーリーとチョコレート工場」のチャーリーでした。
観たの最近なのに思い出せなかった私って一体。いや~「ソノコ塗り」のジョニー・デップとか「きいてほしいの~」の子役の方が印象に残っちゃってね。いやはや。

あと、トラの親子が巣にしてた遺跡みたいなとこがあるんですけど、あの遺跡、何か他の映画で見たことあるんだよなぁ。インディジョーンズ・・・じゃないし、ハムナプトラ?はたまたプレデター2?
レンタルしたDVDとかじゃなくて、日曜洋画劇場とかでやってたんだと思う。絶対ぜーったい、見たことあるんですよ~あの場所。あぁ~気になる。。うう。誰かおせーて。

あと、今日テレビで「南極物語」やってましたね。高倉健。
ディズニー制作でハリウッドリメイクだそうで。うーん、微妙。
っつーか今まで観たことなかったっぽいんだけど、あの映画・・・辛すぎるよ!犬を飼ってる人は辛くて観てられないよ!も~~~ネタバレですけど、置き去りにされたとき15匹いた犬ぞり引きの犬たち、最後2匹だけになっちゃうんですよ!
犠牲が多すぎるよ!最後感動するけど、でもそれまでの犠牲を思うと何もいえませんよ!
しかも死んでいく役の犬たち、流氷の海に落とされたり、崖から落とされたり・・・(これはぬいぐるみかな?)。きつい・・・きつすぎる・・・

そんなんだったので全然まともに見られませんでした。いい映画だとは思うんですけどね。
全編集中して見ちゃったらおかしくなっちゃうかも。。
ディズニーがこれをどうアレンジしてくるか、見ものですね~。

そろそろ皇帝ペンギンも観たいなぁ。あったかくなってきたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バートン2本立て

ここ2、3日ヒマだったので、「チャーリーとチョコレート工場」「ビッグフィッシュ」のティム・バートン監督のストップモーションピクチャー、「ナイトメアービフォアクリスマス」「コープスブライド」を2本立てで観ました。両方とも○タヤの仲良し・Sさんに借りたんですけどね。

ナイトメアー~の方は、キャラクターが先行してて気がついたら映画を観てなかったんだよね。。PS2の「キングダムハーツ」をやってから、いつか観たい観たいと思ってたんです。キャラがグロッキーでかわいい。よくあんなの思いつくなぁ~
コープス~は最近ようやくDVD化したもので、去年の夏か秋くらいの劇場公開だったかな?後から知ったんですけど制作に10年かかったらしい・・・す、スゲ~~~・・・

ストップモーションって昔からあるアニメ映画の技法で、クレイムービー(たとえばピングー)とかでも使われてるんですけど、1コマ1コマ、人形やらを動かしてってそれをつなげて作るアニメ。
ものっすごい時間と手間がかかるんだけど、滑らか過ぎない動きが超かわいらしいんですよね~!

ティム・バートンのは、まず舞台になる世界の設定が独創的。
ナイトメアーはオバケばっかりのハロウィン・タウン。コープスは19世紀中頃のイギリスが舞台だけど、もうひとつの裏の舞台が死者の世界。
登場するオバケやら妖怪やらガイコツやらが、とにかく陽気。背景とかひとつひとつのパペット、小道具なんかがすごく緻密に作られていて、それだけでおっしゃれ~なのに、それが動いて、しゃべって、歌って、踊る!!!
すごいなぁ~映像の裏に、ものすごい手間と労力が想像できるから逆に感動が大きくなる。
でもただ単に手の込んだお祭り騒ぎじゃなくて、そこにハッキリと伝えたいものが見えるんです。ブラックジョークとかテンションの高い曲から伝わってくるのは、すごくシンプルで普遍的なメッセージ。

世界が変わっても、大事なことって同じなのかもしれないと思わせる安心感。

ティム・バートン・・・すごい・・・まさに奇才・・・
「コープスブライド」の特典映像で、ストップモーションピクチャーの製作過程やアフレコの様子、パペットの製作過程とかがたくさん観られて、こっちもすごくおもしろかった!あのスタジオにあるもの全部欲しくなりますなぁ~~~!
監督のティム・バートンも登場するんですが、やっぱり・・・変人だったわ・・・笑
しゃべってることはまともなんだけどね、頭がとりあえずバクハツしてるの。あんな頭は小澤征爾かあの人かってなもんですよ。
映画のイメージとかがあの人の中で完璧に息づいてて、スタッフキャストみんながそれを理解して動いてる。「ワンマン」だなんていわせませんよ。あれこそ絶対の信頼関係の賜物なんだって思うね。理想的。
ほいでまたね~、ジョニー・デップの声がいいんだわ。あの人多才。
しかもヘレナ・ボナム=カーターって、確か「ビッグフィッシュ」にも出てたよね・・・?あの、ヘンな理想郷みたいな村の村長の娘。ちがうかな?
あの人おばちゃんなのに、声が超かわいい!「ふはは」って自嘲して笑うとこが胸キュン!

もう~~~ツボだらけですわ~~~バートン映画!
さっき気付いたんですが、あのおバカSF映画「マーズアタック」もティム・バートンだった!
ぎゃぁ~!そういえばぁ~!思い当たるふしがいくつも~~~!!!
あと観なきゃいけないのは「スリーピーホロウ」と「ジャイアントピーチ」と「シザーハンズ」かな!
乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/15

渋谷でチャンキー

さてさて、前日の「○maru」の興奮も冷め止まぬまま・・・
本日は渋谷club VUENOS(・・・ノス!わかりづらい)にてChunky6(もう間違えまい・・・)出演のイベントに行ってきました!withなほ&Tッチー!Tッチーはほんとに付き合いがいいですな♪

ブエノスは4年前、サッカーワールドカップを観戦したことのある思い出の場所。
そういえばあの時も、チャンキーベースのTさんに教えてもらったんだっけ?
記憶が曖昧ですが・・・うーむ。。あれからもう4年か・・・時が経つのは早いノスね~!(ひつこい)

なほちゃんがほんとにハードスケジュールで、今日もバイトだったのですが早引けして参戦。
それに合わせて19時頃渋谷スタバ前に集合。
Tッチーが欲しい欲しいと言っていた、買ったばかりのタイコを持って参上!
タイコ・・・もうちょっとカッコいい言い方ないのかしらね?
ボンゴ・・・のかたっぽ?ハーフボンゴ・・・?・・・なんか大木凡人みたいだな。まぁいいや。
ってゆうか、Tッチーが街頭でそれ叩いてたら間違いなくお金入れます。至極リアルですがな。

まぁそんなTッチーの話はおいといて。
チャンキーさんは今までで一番会場の雰囲気、音のバランスも合ってましたね。
やっぱどっちかっつーとクラブミュージックなのかしら?PAの人がうまかったのか?!
chunkyvocalsannボーカルの人、今回は直径7・8センチはあろうかというサングラスをかけてました。。ウケタ~!その上にさらに小さいサングラスが乗っかってたしね。

つまりはこんな状態→

後から聞いた話によると、アフロシンセのTさんはボーカルさんの動きがおもしろくて、笑いすぎて演奏がボロボロだったとか。。
ま~楽しけりゃいいんじゃないすかね!ライブだし!へっへーん!
絵を描いてみて気付いたけど、ボーカルさん鳥っぽいわ。口がくちばしになってるもん。
ザッツ無意識。ノス。(また出た!)

今回はまんなからへんで地味に踊ってました。パラッパッパッパー♪
だんだん曲も覚えてきたので、踊りやすくなってきたぜ~
しかしベースのTさん最近足が大人しいな・・・ちょっとさみしいな~

終わってからasian kitchenに行きました。またエスニック。
外での夕飯、4日間中3日間エスニック。もはや中毒。
無理矢理なフリで青唐辛子を食べたTッチー、最後に「今日1日が台無しになった」とヒーヒー言いながら呟いてました。。
大阪に行ったら遊びにいくね~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/14

まる・まる・まる

小林賢太郎LIVE POTSUNEN 「○maru」東京公演初日!

朝帰宅したのでとにかく1分でも長く・・・と眠っていると。
突然11時半頃にHG(ハードゲイ)の着信トークが鳴り響く。画面を見ると、例の派遣会社から・・・
ああイヤだイヤだ。蘇る悪夢。(知ってる人は知ってる)
ほんとはね、とりあえず無視しようと思ったんだけどね。HGがあまりにもうるさくて。たぶん前日にバスケ中になほからの電話に気付くように、着信音量をMAXにしてたんすよ。
んでとりあえず着信音量下げようと思ったら、「エニーキーアンサー」が作動。
暑苦しい担当者の声が・・・

「もしもーし!株式会社○○の○○ですけどー!」
「・・・はい」(心の声:“うるせーな知ってるよ、あー出たくなかったなぁ~”)
「あれ、もしかして寝てたー?」
「・・・はい」(心の声:“またタメ口かよこいつ・・・”)
「あれれ、マキちゃーん、もう11時だよ~?」
「・・・はい」(心の声:“なんだよ寝ててわりーか、つーか『ちゃん』づけ?!”)
ここで担当者、何かを悟ったのか「・・・あ、ごめんなさい」と謝られる。

あーあ、最初はいい人だと思って安心してたのに。
どうして話がここまで通じないんだろう。なんで何回も同じことを言わせるんだろう。
もしかして騙されてるのかな?おちょくられてるだけとか?

あ~ほんとにね、イヤになるわ。寝起きで不機嫌だったせいもあって、かなりムカついて「だからぁ~、何度も申し上げてると思いますけど~!」とか言っちゃった。ふふーんだ。
「また何かあったら連絡しまーす」って言ってたけど、これに懲りてかけてこなくなるといいな。必要な時は自分から言いますから。もうほっといてください。

最悪の寝起き。・・・まぁまた寝たけど。

そして夕方から会場・新大久保「東京グローブ座」へ。
例のとりすぎちゃったチケットをお譲りするお二方と18時に劇場入口で待ち合わせ、無事に取引成立。よかったよかった。そして開場時間まで駅前のマックで時間つぶし。そしてなほちゃんの地元っこYちゃん・Tさんと合流。
開演時間が近づくにつれ、なほちゃんのテンションうなぎのぼり。
なんてったって1階席D列!センターブロック!
もはや食べ物が喉を通らないほど。って身内か!
前回の反省を活かし、水分摂取は少なめにして開演前にトイレにも行きました。
でも今日は・・・眠い・・・・・・アイツのせいで・・・イライライライラ・・・

若干の不安を残しつつも、19:00すぎに予定通り開演。
さりげなーく、あのテーマソングが流れ始め、会場が暗転。それこそ、真っ暗。
パッと明るくなった瞬間、こ、小林さんが、すぐ目の前に!!!!
うお~~ちけぇ~~~!4列目って、近いわ!通路挟んでるのに、それでも近い。
「鼻の穴でかいな~~~あの人」(実感)
ポツネンの時の内容を引き継いだ部分もありつつ、新作コントもありつつで2時間弱。
最後の演目はほぼ笑いナシ。感動のフィナーレ。すっごい優しいお話。
つうか、優しすぎて寝ました。安心しちゃって。笑・・・でも、途中で理性を取り戻して頑張りました。

全体通して、公演名「○maru」にかなり近い優しい雰囲気でしたね。
なほちゃんは「あ~~~コドモできたんだ~~~絶対そうだぁ~~~~」とブツブツ言ってましたが。
にわかラーファンの私ですが、なんだかんだポツネン2回とも行けてますネン。韻踏み。
ほんとにラーメンズとはまた違った雰囲気の舞台。笑いと不思議の伝道師・小林賢太郎の計算地獄にどっぷりどっぷり、ハマってしまいました。。


我、次もゆかん。
でも片桐さんもみたいです。あのくちびる。あの髪型。ゴッドハンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

帰ってきたブカツ

綱島の地区センターで地味にバスケしようということで、今回は地元中心で○タヤからMっすー・U田くん・A間くん・M田くん・S関くん、そしていつものなほと「なぜか」Tッチーが参加してくれました。


まぁ実際バスケしたのは1時間にも満たない短時間ですが、タダというのもありとりあえず満足して解散。その後U田くん・MっすーとTッチーとなほと5人で近くのBIGBOYに行き遅めの昼食。
一旦、Tッチー・なほを引きつれ自宅に戻り、しばしラーメンズ「雀」を見る。ネイノーさんとか。
Tッチー実は犬が苦手らしく、興味津津のハクに終始びくびくしてました。全然集中できなかったやろね、ごめんね~~。そんなところへ父・母が続々と帰宅し居づらくなったので再び綱島へ。
U田くんもMっすーも、お疲れの中の再召集にもめげずに来てくれました。エライエライ!
綱島の甘太郎へ行くと、丸い掘りごたつに若干の個室ムードな部屋に通される。最初やっぱりみんな疲れが見えて、超静かでしたね~。有線聞こえないし。うちらよりも店員さんたちのほうが盛り上がってるんじゃ。。
でも酒が入ってだんだんエンジンがかかり、結局5人で30000円近く呑む。何の話をしていたのかよく覚えてないけど、なんかひたすら呑んでた気がする。
そしてお約束、夢ノ市で朝までカラオケターイム。


最近こんなことばっかりしています。遊んでばっかり。いいのかこんなんで。
卒業旅行にも行かないし、こんな風に地味に遊び倒すのもアリでしょうかね。
バイトもしてないのにお金だけはどしどし減っていく。うはは~

4月からマジメに働く気になるのかどうか、自分が不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

ファイナルZとGカレー

劇場版「機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛」を観て来ました。
また例によって関内のレトロな単館映画館で。そしてななこと。うはは。
新訳Z最終章だけあって、これまでで一番お客さんが多かったですね。

結局レンタルDVDのテレビ版はⅡの部分までしか観られなかったのですが、冒頭のちょこっとだけ、昨夜DVDで観た部分とかぶってました。今まで気がつかなかったけど、あれ単に話を圧縮しているだけじゃなくて、セリフ変えたり、ストーリーの流れを変更したりってのけっこうしてるんですね。
前回物議を呼んだサラ・ザビアロフ役・池脇千鶴が降ろされてましたね。やっぱり不評だったのかな。
ファーストガンダムと違って、主要なメンバーがラストの戦闘でかなり死んじゃうので、泣けたなぁ~。レコアvsエマはなんとなく、最初からそうなる運命だった気がするけど。
それにしても榊原良子はやばいっす。ハマーン・カーン様。あの人に女性軍人(しかもかなりエライ人)をやらせたら右に出る者はいないね!まぁ次にくるとしたら田中敦子ですかね!メジャーどこですけど。。
戦闘シーンはほとんど新しい映像でやってたからよかった。すごくきれいだし滑らか~~。しかーし。ななことも言ってたんですがね、宇宙空間でパイロットや死んだ人たちの心理が具現化する幻想的なシーンがいくつかあるんですけど、そこが古い映像のままだったんだよね~どうせならそれこそものすごくキレイな映像でやったらいいのに。。時間がなかったのかな?うーむ・・・

この劇場版は、テレビ版とはラストが違います。
ネタバレになるので詳細は書きませんが、平和に終わるのでホッとしましたよ~。

その後は伊勢佐木町のプロントでお茶しながら、エンタメ系の話を熱く語る。ゲド戦記だのナルニアだの・・・
歩いて横浜まで移動し、またもやクリスマスにディナーしたジョイナスの地下のタイ料理店へ。
だってーおいしいんだもーん。エスニック。
バイト後になほも合流してグリーンカレーだの生春巻きだの食べながらね。また長々と。

また胃が荒れなきゃいいけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

完全夜行性動物

隣家の長女が今春小学生になる。長男の時はどうだったか覚えていないのですが、今回こそは何かあげなくては・・・!私もなんだかんだと、隣のおばちゃん(今はおばあちゃん?)にお祝いをもらっていたもので。

「ここはひとつ気の利いたものを!」

・・・ということで昨日、夕方から横浜に繰り出しました。しかもルミネカード10%オフ。うっしっし。
自分の買い物もそこそこに、さてさて何をあげたらよいものか・・・?
隣の子は、思えばキャラがよくつかめない。
小さくてプクプクしている。洋服は、割とフリフリ系?ハクのことを恐がる。プーさんの自転車に乗っている。泣くと手がつけられない。・・・
・・・ああ、気付けばほぼ「知らない子」だわ。知らない子に何かあげるのって、大変ですね・・・
LOFTやらディズニーストアやらいろいろ回ってみたものの、結局1000円分くらいしか買えずにこの日は終了。

買い物の最中、1年ほど前に他店に異動した○タヤの社員・M川さんから電話が。
「今綱島でM澤くん(社員)と飲んでるんだけど、来ない~?」
まだ買い物中だったし、メンバーに魅力を感じないので体よく断ろうかとも思ったのですが、私といえどすっぱり断りきれなくさせる、ある後ろめたい事実がございまして。ヘェ。
M川さんに退職の挨拶の電話をした時、ちょうど閉店後にM井さんU田くんとカラオケに行こうという話になってまして。M川さん今綱島に住んでる~という話を聞いたので、私何も考えずに「じゃあM川さんもどうですか?」って誘っちゃったんですがね。しかーし、後からM井さんに聞くと、M川⇔M井は仲が悪いらしい。・・・ってエーッ?!初耳ですよそんなの。ほんでM井さんが凹んじゃったので、仕方なくM川さんに私がうそついてはぐらかした・・・という。

結局買い物終了後に行きましたよ、綱島の魚民に。まぁどうせおごりだしいいやーって。笑
この後深夜の定例ガスト会withSサン&Sママが控えていたので、お腹空かせて行くためにビールと生グレ2杯と生うにしか頼みませんでした。
私のキライな酸っぱいにおひのするM澤さんは、相変わらず全然おもしろくない話をすごく誇張して言うので、聞いてる方はめんどくさくてしょうがなかったですよ。M川さんもね、「俺様」だからリアクションがとりづらいし。悪い人じゃないんですけどね~。
まぁタダ飲み+時間つぶしができたのでヨシとするか。毒

そして深夜1時すぎに○タヤへ。Sママのバイト上がりを待ってガストにいくためにね。
お店の前に立っていると、店長が「事務所に入ってれば?」と中へ入れてくれました。中に入ってもやることがないので、ビミョーにタイムカード押したり、電気消したりお手伝いしました。
Sママカーで新羽のガストへ行き、待ってました!とドリアとガストバーガー半分をペロッとたいらげる。ガマンするとごはんは2倍おいしくな~る。
その後結局朝6時までだらだらくっちゃべりながら粘り、帰宅してハクの散歩に行って寝ました。

完全に昼夜逆転。・・・ま、今だけのたのしみっちゅーことでひとつ。ペペン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

追い出されコンパ

今日はゼミの追いコンで久々に学校へ。
そして無事・・・卒業が決まりました!!!ヒューヒュー!
あーよかった。。実は2日に既に発表だったんですけど、むしろ私ゼミ落としてたら卒業できなかったんですけど、結局こんな日付までそわそわしつつ取りに行かなかったという。
これで落としてたらどうなってたことか・・・追いコンなんて行けませんよ。あとはもうお堀に飛び込むしか・・・!!!

そして集合場所の飯田橋まで、お堀沿いの公園を歩く。
ここを通るのももしかすると最後?・・・そう思うと、何の思い入れもないはずの大学への道もいつもとちょっと違って見えますね。そしてそんな自分に酔ってますが。何か?
しかしながら、この追いコンなぜか教授の遅刻という都合によって二次会の開催が決まっているというていたらく。メインゲストのこっちの都合は無視ですか!
まぁ彼が来るまでの一次会を大いにエンジョイしてやったぜ。白ワインを飲みながら。
一次会の最後にはプレゼントとお花をいただいてしまいました。全然予想してなかったからびっくり。ちょっと感動しちゃった。
しかも前日に美容院で見てた雑誌に載ってて「あーこれ、懐かしいな」と思って気になっていた「エルマーと象」のタンブラー!小学校の教科書に載ってたよねー!びっくりしたぁ。

本当に煩いだけで何の役にも立たない先輩だったと思います。すいませんです。

その後の二次会は白ワインでかなり酔っぱらっていたので、あんまり記憶に残らずに済んでよかった。みんなの気の使いようはおもしろかったけど。

実は帰り道の記憶とかもあんまりありません。あはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

節子もうずっと・・・

以前なほに勧められたドラマ版「火垂るの墓」を観ました。
2時間半に及ぶ大作でしたが、当日で借りて観ました。

凄かった・・・ドラマなのに超豪華キャスト!
清太・節子兄妹の子役2人をはじめ、西宮のおばさん役・松嶋菜々子、娘役・井上真央、夫役・伊原剛史、義弟役・要潤、近所のおっさん・生瀬勝久、清太の父役・沢村一樹などなど・・・
清太役の子は、キムタク主演月9ドラマ「エンジン」に出てた、ちょっと不良っぽい子。この子のねー、演技がもう上手すぎて上手すぎて・・・関西弁もほとんど違和感なくって。ほんと声もそっくり。
ほいでまた節子役の子がね!誰あの子?!天才ですか?!あれはもうまさにせっちゃん!
「ごはんよ~・・・おからさんもたきましたよ~・・・食べへんの~?」って意識朦朧とした中で言うシーンとか、もうせつなくてせつなくて。

ストーリーの進行がアニメとは少し違って、あのこわ~い、「そうしまひょ!」(思い込み)のおばちゃんがなぜそんな風に清太と節子に冷たくしたか、っていうところも丁寧に描いてありました。本当は優しい人だったのに、戦争の中での貧困が、夫の死がおばちゃんの心を・・・ううう・・・
松嶋菜々子ねえさん扮するおばちゃんが、「これが戦争よ」って言うシーンが印象的。
おばちゃん・・・悟りすぎちゃったんですね・・・でもそうしないと家族が生きていけなかったんだもんね。
アニメもいいけど、このドラマ版もかなり丁寧に作ってあって、すごくいい作品でした。

まぁこれを観た後、カラオケに行く気力を取り戻すまでにかなり時間がかかりましたが。
落ちますよ。とことん落ちたい人はぜひ。レンタルしてます。

追記;あの名言「節子もうずっとびちびちやねん」は、ドラマ版では変更されていました。
なんだよ~~~~~!そこだけちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

忘れられた同窓会

本日は高校2、3年のクラスの同窓会。
私のクラスの同窓会は4年に一度、サッカーワールドカップイヤーに開催されるらしい。
幹事はシェフィメンバーで割とコンスタントに遊んでいるストーなので、「同窓会」と言われてもピンとこないのが正直なところですが。そんな感じなので“案の定”なのでしょうか、前日ストーから集合時間・場所のお知らせメールが来るまで完全に忘れてました。はっは。ごめーんよっと。

今回はクラス44名中(たぶん)25名ほどが参加。あと担任のイトサク。健在でした。笑
場所は横浜スカイビルの10階串焼き屋「戎(えびす)」。
みんなもうちょっと探り探りなかんじかと思いきや、けっこう最初から盛り上がってましたね。
そんな中、就職が決まってないおバカちゃんは私とストーを含めたった3、4人ということが発覚。ウケた~!!みんなすごいなぁ。しかも金融系がかなり多くて。さすがですホージョ。やるときゃやんのよあそこの子達は。
しかしながら名前が思い出せない人数名・・・周囲の心優しい子達に確認しまくる始末。情けない。卒業アルバムのコピーは今後の同窓会必須アイテムですね。ヤレヤレ。

女だらけってやっぱり、最初びびったけど楽しいですな☆
あの高校での日々が私の人生を狂わせたことは間違いなし!
しかし我が人生に悔いはなし・・・エンジョイマイライフ!

次は2010年!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/02

○タヤ「モテ」?ファイナル

さてさて、ついにこの日がやってきました。
大学に入る前から続けてきた地元○タヤでのアルバイト、今日が最終日
・・・しかしながら今朝までカラオケオールだったので、あまり気合の入らない状態で出勤。しかもいつもより遅れ気味で。うーむ。こんなんでいいんだろうか。
とまぁそんなこんなで特に最終日!っぽくなくいつも通りにお仕事していると。
なんか今日、平日のクセに忙しいですよね?みたいな。
昨日が半年に一度の棚卸しで休業だったので、その反動でしょうか。やたら人が来る・・・
みんな私の見送りか?!とか思うくらい。ぬはは。バカですいません。
そんなわけで一日レジに居りましたとさ。


すると、数少ない遅番2階の女性スタッフ、Y村さん(お年は私の4コ上)が来店。
なんと私に、この私に「手作りクッキー」を焼いてきてくださいました!!!
すごくかわいかったので写真載せちゃいます。まぁこれで店がバレるんでしょうけど。。
200603030302000
・・・いやー、超いいでしょ!コレ!かわいい!っつーか、うまいなー!!
「やめたらきっと○タヤが恋しくなるんじゃないかと思って」ってソレはどうかわかりませんけど(毒)、かなりカンゲキしました。他のバイトの帰りかなにかにわざわざ寄ってくれて。ぶっちゃけそんなに仲良くないのに。っつーか当たり障りなく接してただけなのに。「額の真ん中のホクロからビームが出る」とか、「『ナイトメアービフォアクリスマス』のウーギーブーギーに体型が似てる」とか陰で毒づいてたのに・・・!(我ながらホントにひどいな)

・・・猛省

さらに、20時過ぎに休憩に入ると。今度は遅番1階の主婦、Kママがいらしてて。私が休憩に入るのを待っててくれたそうで。
バレンタインのときに、私がKママの持ってきてくれた差し入れチョコが苦手で食べられなかったので、わざわざお菓子を買ってきてくれたんです。私のくだらないマーブルチョコとかのお返しにと。
そのケーキの中に、実はこれまた私の苦手な「スイートポテト」「栗入りケーキ」が入っていたことはモチロン内緒です。へへ。でもうれしいよう。
そしてふと見ると、何やらテーブルの上に酒瓶が。メモを見てみると、早番で既に帰宅された店長から私への卒業祝いでした。銘柄は「薩摩宝山」。芋焼酎でした。
実は私芋焼酎が苦手、なんてことはモチロンモチロン内緒です。うへへ。
そこへ遅番1階の主婦で、よくおうちにもお邪魔させていただいてるSママもシフトイン。私が「こんなんもらっちゃいましたぁ~」と騒いでいると、「・・・じゃあ私からはこれ!」とメッセージカードつきのプレゼントをくださいました。
そのときは包みを開けずに、家に帰って早速見てみると。
200603030324000
・・・靴下キターーーーーーーーーーーーーー!!!
あー超ウケた。。たぶん私が前回の女会の時に、穴の開いた靴下を履いていたからでしょうな。。
寄付ですか!「アフリカの恵まれない子どもたちへ」ですか!
でもそんなにウケを狙う方ではないので、きっと真剣に選んで下さったんだと思います。笑いが収まった後に不覚にも「まぁこれは家でしか履けないな」と思ってしまったことなんて、口が裂けても言えませんよね・・・。うへへのへ。
そして以前ブカツにも来てくれたM田くんは、○まどやのお弁当をおごってくれました。あと自販機で当たったココアもくれました。さらに、仲良しの元○タヤ・Sサンもついでかもしれませんが(笑)、お店に来てくれました。終業後におつかれさまメールもくれました。ブカツメンバーで最近よく絡むようになったMっすーも、これまたついでかもしれませんが(笑)ちょこっとだけ顔見せに来てくれました。私がまだこのお店に入りたての頃の店長で、今は昇進されて異動してしまったK田さんも、わざわざ名古屋から「長いこと働いてくれてありがとう、おつかれさま」とお店に電話をかけてきてくれました。


皆さんの優しさに本当に感謝です。こんなにうれしかったことは久しぶりです。
自分では「私は友達が少ない」なんて思ってたけど、それってちょっと違うなーと感じました。「友達」なんてどこからどこまでがそうなのかわからないし、私が知らない間に私の事をちょこっとでも考えてくれて、こうやって思いやってくれる人たちがいて、それってすごいことだなーと。

・・・ううう、今更ながら泣けてきたぜ。
優しくしてくれた皆さんのご恩に報いるためにも、絶対にこれからの人生をエンジョイしてやる!と独りよがりの決意をした22歳の春でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »