« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/28

昨日の今日

今朝起きたらやはり・・・筋肉痛が・・・
今回一番ひどいのは腹斜筋でした。
そーいえばいつになくゴール下でくるくる回ってシュートしてたしなぁ。
あとは三角筋と、脊柱起立筋。上腕二頭筋も若干・・・
・・・筋肉マニアか。
でも翌日に筋肉痛が来るってことは、まだまだ若い証拠ですかね~
ひゃっほーい!

そういえばブカツ後なほとおーちゃんと呑みに行ったときに、
ドラえもんの最終回の話が出た。
昔兄がドラえもんを30巻くらいまで所持していたので、
あまりの懐かしさに帰宅して早速、アマゾンで購入してしまいました。。
とりあえず、「さようならドラえもん」が載っている第6巻だけ・・・
あー早く届かないかな~わくわく。


気付けばもう今年も残すところ、あと4日。
しかし未だに年賀状を作ってません。

後出しかよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/27

ブカツファイナル

ついにやってきました。ブカツファイナル(年内)。
まぁイコールほんとのファイナルになる気もしますが・・・

今回の参加はなほちゃん、おーちゃん(初)、私のバイト先○タヤからMっすー、Yぞー、M田くん、A間くん、U田くんでした。
A間くん・U田くんは前日のバイトのときにかなり強引に誘ったのに、ちゃんと来てくれました。
ありがたや・・・彼らがいなければ危うく中止になるとこでしたから!
そんなこんなで、バスケは初フルコートでした。
いや~広い!広すぎてもっさ疲れた!(笑い飯)
でもやっぱりフルコート楽しいです。ロングパスとか出せちゃうしね。
そして・・・

おーちゃんのダブドリ多すぎー
おーちゃんナンパされてたー
おーちゃん腹黒キャラ定着ー

・・・あーウケた。
特にA間くん(別名:エロマックス)とおーちゃんの絡みが最高でした。
A間くんが某KO大学の学生と聞いて、突然敬語になったときのおーちゃん。
「・・・えっ!KOなんですかぁ?!」
輝いてたなぁ~~~目なんかギラギラしちゃって。。

もうすぐ○タヤともお別れなので、いい思い出ができました。
みなさんありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

気を取り直して

イエーーーイ!クリスマスイエーーーー!!!

今日は有馬記念をテレビ観戦したあと、
ななことなほちゃんと横浜で豪華ディナー?を堪能しました。
クリスマスにタイ料理。・・・いやー、んまかったよ。

アジアンビール、初めて飲みました。

200512251846000

プーケットラガーっつうの。
さっぱりしてて飲みやすかったです。
・・・つうか、日本のビールがまずアジアンか。

グリーンカレーを初めて食べたんですが、これまたおいしかった・・・
辛さがね、やみつき。ココナッツの甘い匂いと、あう~~~~!

帰宅後、すぐに録画していたM-1グランプリ2005を観る。
いや~~~~どかんどかんいうのが今回あんまりなかったね。
品川庄司の役割分担が意外でした。庄司くんツッコミなんやーーー・・・
っちゅーかネタはおもしろいのに、二人ともムダにマッチョでキモかったな。

減点。

そこかよー!

※アジアンの右側の人、アイツに似てる。(わかる人数名)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

イヴだけど

1日家に居りました。


夕方から、明日のM-1に備えて2001と2002を続けて見直しました。
父と母、家族3人で見ました。

せめて夕飯は洋食を食べたいと思いました。
グラタンを作りました。
満足のいく出来映え。味も上々。
来年はミートソースから自分で作りたいと・・・

・・・
・・・
・・・
・・・なんかむなしい。もういいや。。


そして・・・
昨日食ったケーキフゥー!!!

051223_195202_M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

くせ毛のきたろう

今日、久々に美容院に行った。

カットとストレートパーマ相談。
相談。

私の周囲の皆様はご存知のことでしょうが、私の髪はわりとまっすぐです。
お風呂に入って乾かしたてのときなんか、けっこうきもいくらいにまっすぐ。
・・・ところが。
最近髪を伸ばしていて気がついたのですが、私の髪は乾燥するほど口に向かってきます。
気がつくと、髪の毛を食べています。そして、頬がかゆい。

これがストパー(相談)を決意させた最大の要因。

担当の美容師・Yさんに相談したところ、
最初は「ストパーかけるほどうねってないよ~」と諭される。
じゃあ今日はとりあえずカットだけ、ということにして、全体的にすいてもらった後、
ブロウ後に、仕上げカットをしながらしげしげと私の髪の毛を眺めるYさん。
「・・・なるほど、そういうことか」
Yさんの目の前で、みるみる口に向かっていく私の髪の毛たち。
Yさん曰く、私の髪の毛には「生え癖」があるとのこと。

生え癖=育毛剤不要・・・ということではなく、要は生える方向がひねくれているということ。


ひねくれるばっかりです。髪も性格も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

罰金9000円

学校帰り。

日吉駅からてくてくと原チャを停めた場所まで向かう。
ふと見ると、荷台に見慣れない黄色い札。

「駐車違反」

・・・ん?
この時はあまり実感がなく、とりあえず暗くて何も見えないので自宅へ。
途中、だんだんと現実が迫ってくる。・・・罰金・・・減点・・・
でも心のどこかでまだ、「何かの間違いだ」と信じている。

自宅前まで来てから、街灯の明かりで取り付けられた標章を確かめる。
字が汚くてよくは読めないが、とにかく書いてある番号に電話しろとのこと。
携帯を取り出し、かけてみると。
「・・・はい、港北警察署です」
一瞬ビビる。イキナリ警察署に繋がるとは思わなかった。
「あの、駐車禁止の標章がついてしまってたんですけど」
・・・他に言いようがないのでとりあえず状況説明。
すると、電話口の警察官は「最寄りの交番に行ってください」と指示。

しかたなく、そのまま近所の交番へ。
何も知らない中年の警察官が、奥からひょっこり出てきた。
「・・・どうしましたー?」
事情を説明すると、警察官は標章を取り外し、私を椅子に座らせた。
自分が道案内や拾得物の届出以外の用事で交番にいることのショックは、想像以上に大きい。
努めて謙虚に振る舞っていたが、内心かなり動揺していた。
しかし、「密着交通警察24時」に取り上げられるようなマネだけはしたくなかった。
警察官は、「停めたことは間違いないね?」と確認したうえで、俗に言う「違反切符」に免許証番号や住所・氏名などを写し始めた。
住所・氏名などは自分で書くものだと思っていたので、拍子抜けしてしまい、私はボーっと、私の個人情報を記入する警察官の手の動きを眺めていた。他にすることもないしね。
「道路の反対側に停めてたの?」
警察官が言った。最初、私には何のことやらさっぱりわからなかった。
「道路端から5.8メートルの位置って書いてあるから」
・・・それでようやくピンときた。
私は確かに、進行方向左側に原チャを停めた。ただし、わざわざ向きを逆にして・・・。
下り坂になっているので、危ないかなと思って逆向きにした。それだけのことだった。それによく考えたら、逆向きにしたところで転がる時は転がる。
周辺の他のバイクが無事だった意味がハッキリわかった。

そんなつまらないことで、私は違反切符を切られた。
罰金9000円・2点の減点という重い措置を講じられた。
路上駐車している時点で確実に自分が悪いのは承知の上なのだが、理性とは裏腹に
「常習的に無茶な運転をしても運よくつかまらない輩もいるというのに・・・なぜ私が・・・しかも車も人もほとんど通らない場所に5時間くらいなのに・・・」と、勝手に考えてしまうのである。
・・・いやはや、お恥ずかしい。逆ギレもいいとこである。
それでもそれでも、「密着交通警察24時」だけは死んでも御免だったので、私はどうしようもない情けなさと当てのない憤りを感じながらも、そのまま神妙な顔つきで交番を後にした。


どうやら近頃、警察とは相性が悪いらしい。
あの、免許更新時の施設の容量の悪さをまた3年後、体感する羽目になってしまった。
ああ、いやだいやだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

冬眠したい症候群

毎日眠いです。
二度寝はあたりまえ。ヘタすりゃ+うたた寝数回。
考えること、やることは山積みなのに、この寒さ・・・
ほんとすいません、全部冬のせいにします。

冬がキライだな、と最近つくづく思う。
服が高い。そして重い。着込むと勝手が悪い。
最悪だ~
外に出ても、俄然卑屈になるし。背骨は曲がるわ、腰は痛むわ。
・・・この寒さ、解放感なし。

もう夏のことが思い出せなくなってきた・・・

結論:冬と梅雨は私をダメにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱点は犬

以前もどこかに書いたような気がしますが。

映画に出てくる動物(特に犬)にめっぽう弱いです。
観たい映画はたくさんあるのですが、どれも観るのに勇気が要りますねん。
「いぬのえいが」「トゥルーへの手紙」「きいてほしいの、あたしのこと」・・・

先日ようやくようやく、
きいてほしいの、あたしのこと~ウィン・ディキシーのいた夏~」をDVDで観ました。
前編ウィン・ディキシー(劇中のスーパーの名前の犬)大活躍?!の映画かと思いきや、
ウィン・ディキシーをきっかけにして親しくなった街の人々と主人公の10歳の少女との心の交流がメインに描かれてました。
この映画、すっごい良かったですよ。主人公の女の子かわいいし。
最後がハッピーエンドなのもよかった。
・・・号泣した。「うえーん」って言った。初めてかも!笑

そしてウィン・ディキシーがめちゃかわいい。
でっかいテリア系の雑種なんだけど、人に笑いかけるっていう設定で。
その表情はたぶん合成なんだけど、なんともいえないんですよ!かわいいの!
観終わったあと、思わず熟睡している愛犬・ハクを抱きしめましたね!
すごく迷惑そうだったけどね!

癒し系映画ですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

師走の景観

Tさんと呑んだ帰り。

地元日吉駅周辺では、あちこちで忘年会と称した宴が催されたようで。
路上で寝る人、店先で寝る人、電信柱にもたれかかる人、力なくしゃがみこんでいる人・・・
ふと地面を見ると、およそ10メーター間隔で繰り広げられる「もんじゃ焼き」。

・・・鉄板じゃねーっつの!!

まぁ大半は某KO大学のみなさんでしょうね。。
ホントに一夜にして普段の5倍は汚い街になってましたよ!

・・・かく言う私も、数年前新宿アルタ前広場にて失態をさらしたことがありましたが。。
きれいに(というか一目では「もんじゃ焼き」とわからない程度に)して帰りましたよ!
まぁ意識あったからね・・・

これからしばらく日吉駅前には近づかない方がいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリちゃんの秘密

・・・カテゴリーがナゾですが。
こみみトーク=小耳に挟んだ大きな声では言えない話。

今日、○タヤの先輩で今年某大手自動車メーカーに入社したTさんと呑んでいて、こんな話題になりました。
「低燃費のハイブリッドカーはおトクか、否か?」
・・・うわーかたーい(笑)。社会面ですか!
環境系の学部に所属する私としては、なかなか興味深いお話でしたので紹介いたしやす。

国産ハイブリッドカーといえば、○ヨタの○リウスが有名です。
この○リウス、低燃費・低排出ガスなどの環境性能で世界ナンバー1を誇っています。
低燃費ときくと、「・・・おっ、じゃあガソリン代が減るってこと?」と思いますよね?
そして「長く乗るんだったら、初期費用高くてもランニングコスト安くなる方がいいかも~」って。
実際、ハイブリッドカーは10km/lくらい、同スペックの他車種よりも燃費が上がるそうです。
・・・しかし。
車体価格が同スペックの他車種より100万円ほど高い。
とすると、果たしてモトが取れるのか―――答えは、「NO」だそうです。

100万円の車体差額、ガソリン代でモトを取ろうとすると、なんと60万キロ走行する必要があるとか。
一生のうちに60万キロ乗るのは、至難の業です。
むしろ、国産車とはいえ車体がもちませんよ!
ハイブリッドカーを購入すると、購入時に車体価格の一部を国が負担してくれるのですが、それも○リウスで21万円。優遇税制などを併せても、せいぜい30~40万といったところでしょうか。
車体差額70万円残ったら、単純計算で42万キロですよ。到底不可能でしょうねぇ~
補助金受けるのにいろんな条件があって、それもクリアしないとダメだしね~

っちゅーわけで、おトクじゃないんだってさ。
いやー、おもしろいハナシだ。
しかしながら環境にやさしいことには変わりないので、自腹きっても環境負荷低減に貢献されたい方は、これにめげずに是非ご検討下さいませ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

悔し涙○リットル

今日はバイトでした。
寝坊したせいで、CX系ドラマ「1リットルの涙」を録画し忘れました。
・・・な、なんたる不覚!!
ショックでかいです。あああ。もうやだ。


このドラマ、私は初回を見逃したのでしばらく見ていなかったのですが、昼間の再放送をきっかけに最近見始めました。
毎週毎週、それこそ滝のような涙を流しています。
涙ナシでは見られませんよ・・・

原作は木藤亜也著「1リットルの涙」(幻冬舎)。
原作者である木藤亜也さん自身が、15歳のとき突然「脊髄小脳変性症」という不治の病を発症し、25歳で亡くなるまでの10年間綴っていた日記をまとめたものです。
人間の身体・生命維持機能を司る小脳と脳幹が原因不明の萎縮を起こし、意識や知能はそのままにどんどん体の自由がきかなくなり、最後は呼吸不全や合併症によって亡くなる患者さんが多い、とのこと。
昨日まで当たりまえにできていたことが、突然できなくなっていく苦しみ、孤独感・・・考えただけでもツライです・・・。。

実は、こういうノンフィクション?の本に脚色してドラマ化したのって、あんまり好きじゃなかったんです。
実際にはドラマでは表現できないようなもっと暗い、汚い部分もたくさんあると思うし、そういうのを隠してきれいな部分だけを増長してみせる、みたいな感があると思ってた。
このドラマはかなり脚色してあるとは思うけど、伝えたいこと・意思みたいのがハッキリしてるし、原作をすごく大事にしてるのが伝わる。
単なる視聴率狙いの感動モノとして作ってるワケじゃないってことがすごくよくわかる。
木藤亜也さんが伝えたかっただろうことが、シチュエーションを細かく設定することでわかりやすくしてあるっていうか。すごいっすね。手が込んでる!


・・・まぁ、とにかく今週見逃しました。
誰か、ビデオ録ってなぁーい??
(・・・結局コレが言いたかったのか!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

鶴見事件

同じく、Chunky6ライブ、鶴見CLUB TOP'Sでのひとコマ。

私となほが意気揚々と、Chunky6の出番を待ちながら一服していると。
「・・・よう」と声を掛けてくる若者がひとり。
振り返ると・・・
古着屋・DOG HOUSE店員で私のご近所さんのアキラさん!
・・・の弟・Rさんがそこに!!!

うおーーーなんでこんなトコ(・・・失礼)にいるんですかぁ?!焦
私はひとりで大リアクション。なほはこの時誰だかわかってなかったです(正直)。


聞くところによると、
我らがChunky6(既にこの言いよう・・・)の新規加入メンバー・ピアノでアフロのTさんは、
アキラさん・Rさんのお知り合いとのこと!!

・・・ってゆーか・・・

なんとTさん、私となほもなぜか参加した、
アキラさん・絵美子さんの結婚式二次会の幹事さんでした!
(詳しくは”馴染めない2人”をご覧下さいませ〜)
しかも、結婚式当日、ちょっと聞きたいことがあって、なほがメールしたことあったし!

・・・メ、メル友じゃないですか!(・・・ちょっとチガウ)

いやぁ、世間は狭いとはこのことです。
不思議な縁ですね〜


これもきっと宇宙人の・・・(内輪ネタ)


そしてこれも後で聞いた話なんですが、
アキラさん、お祝いに私たちがあげたティファールの電気ケトル、かなり使ってくれているそうです!
朝起きたらとりあえず、ポン!・・・だそうですよ〜
いやぁ〜よかった!とりあえず役に立って!

・・・と思ったらさ。

なほ画伯の処女作、「ティファール外箱」(これも詳しくは”馴染めない2人”)・・・
あまりの見事な出来に既製品だと思って・・・

捨てちゃったらしい。


・・・うぉーーーーー!!!!悶絶っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WHAT IS CHUNK?

・・・久々です。

今日は、昔よくライブにおじゃましていたスギナミデアユナイテッドのメンバーさんが新しく組んだバンド・Chunky6(チャンキー6)のライブに行ってきました!
2回目のライブということでしたが、前回同様、鶴見にあるCLUB TOP'Sというライブハウスにて。
・・・実はこのハコ、私となほちゃんが高校時代組んでいた幻のバンド「○○○○○ー○」(ご想像にお任せします)の時に2度ほどお世話になっている、いわくつきの(?!)ハコであります。
それからかれこれ5年ほど経っているため、甘酸っぱい懐かしさも噛み締めつつ、いそいそと現場へ向かいました。

さてさて、注目のライブはというと。

スギナミ時代からのメンバー、Tサン・Hっちゃん・Aゴラさんに加え、個性的なお顔立ちでめちゃ声が高いボーカルさんと、シンセのお2人が、これまでのファンキー&キャッチーなサウンドにあざやかさをプラス。
ぐんと増幅した音の分厚さ、サウンドのクオリティもさることながら、さらにノリのいいパーティーチューンに仕上がってましたね!
・・・ってエラソーに、どこぞの音楽雑誌かよ!
もうそんなうんちくどうでもいいですよ!・・・どうでもいいでーすよ♪(だいたひかる)

まさにチャンク!チャンキー!チャンキー6!(知ったかぶり)

というか、メンバー全員が、超楽しそうだし。
私もなほもテンションうなぎのぼりで、久々に
「キターーーーーーーー(☆∀☆)ーーーーーーーーー!」てなもんよ。
できることなら踊りだしたかったです。Tシャツ短パンになってね!

ぜひ次回もおじゃましたいと!
サポーターになりますよ!サポーターに!


・・・そして後でとある方から聞いた話ですが、
実は既にあの・・・あのサマーフェスの金字塔、天下の「○ジロックフェスティバル」から出演オファーがきているとか!・・・いないとか!
・・・どっちだよーーーーー!!!気になるよーーーーー!!!

というワケで、将来が楽しみなバンドさんであります。

Chunky6!!!

・・・あーやっぱり偉そうになっちゃうな!伝わったかな?!
体感したいキミは、ぜひライブに!


・・・あーーーー!!悶絶っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »