« 2004年4月 | トップページ | 2005年2月 »

2004/05/19

歴史認識クソ食らえ

ラストサムライ」を観ました。

正直何の期待もしないで観ました、かといってなめてかかってたわけでもないんですけど、でもそれがかえって良かったみたいです。
すごく感動した!何に感動したのかはよくわからないんですけど、圧巻でした。
まず、映像の凄さ。2000対500の戦いのシーンがあるんですが、ほとんどCGなはずなのに全然CGっぽさを感じなかった。ついにここまできたか、と。
そして日本のことを描写する洋画のシーンって、今まですごくわざとらしいのしかなかったじゃん?パールハーバーとかさ、WASABIも違和感あったし。
それがなかったの!たぶんキャストがほとんど日本人だからってのもあるだろうけど。
それに時代劇ってもうそれだけで、リアリティなんか求めないでしょ?
だからかな、全然違和感がなかった。ほんとに自然に、むしろ歴史の教科書なんかよりすんなり世界観を受け入れられたよ、こんな時代だったんだろうなって。なんでだろう~なんでだろう~♪♪

昔よく、幼稚園とか小学校低学年とかの時、おとんと一緒に「白虎隊」のビデオを観てたんですが、その時みたいな純粋な気持ちで観られた気がします。
きっとこの映画を観た自分の解釈と、実際の世界はかけはなれているんだろうとは思うけど、昔のことを、その時代に生きた人たちのことを知ろうとするのってすごく素敵なことだと思いました。
きっとこの映画を作った人たちの解釈と自分の解釈も違うだろうし、でも実際の世界と各個人の解釈が違っても別にいいじゃないか。たとえそれが日本人全体にとって不名誉なものであったとしても、ね。

今の時代は、実際の歴史の解釈の違いが外交問題とかに複雑に関わってたりして、個人的な解釈でさえ少なからずその影響を受けてるよね。
例えば旧日本軍の南京大虐殺のこととか、満州の占領のこと。その事実は認めるけど、国家としての責任まで認めると外交上不利になるからそれは認めないとか、そんなのっておかしいのでは。
ましてやそんな国益のために歴史的な事実を操作したりなんて、そんなの言語道断ですよ。

とりあえずは個人でもっと純粋な目で眺めるものだと、歴史ってそういうもんだと思う。
どうして現代に無理にリンクさせるの?今は今、昔は昔で状況とか全く違うんだから、結び付けようなんて思うな。
あーもう、何が言いたいのかよくわからないけど、とにかくラストサムライは良かった。


でもちょっとひっかかるのが、日本人の日本語の演技を、日本語がわからない外国の人たちが見てどうこう言えるのかな?
私、外人の演技はぶっちゃけうまいのかへたなのかわかりませんが。
うーん、謎だ…。おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2005年2月 »